浮気の定義−どこからどこまでが不貞行為なのか−

浮気の定義、それは人それぞれに違ってくるものです。
どこからを浮気と考えるのか、これは考え方の違いもありますし、難しい問題です。
ある人は、配偶者以外の異性に心惹かれただけで、それを浮気だとする方もあるかもしれません。
しかし法律上はどうなのでしょう。法律では、どこからを浮気とするのでしょう。

 

法律上は、浮気や不倫を不貞行為という言葉で表します。
もちろん、配偶者以外の異性に心惹かれたというだけでは、日本の法律上、不貞行為とは認められません。
それでは、手をつないだら?キスしたらどうなのでしょうか?
どこからが不貞行為となり、法律上の罰則が生じるのでしょうか。

 

日本では性的交渉があって初めて、それが不貞行為とされます。
つまり配偶者以外の異性との肉体関係があって初めて、不貞行為となるのです。
肉体関係以外では、一般的には不貞行為とはされません。

 

不法行為には、慰謝料の請求ができます。
慰謝料の請求は、不貞行為をした配偶者とその愛人に対して行われます。
慰謝料の金額としては、一般的には100万円から200万円が相場です。
最高でも300万円、離婚しない場合は、30~100万円と言われています。

 

ただ、不貞行為の以前から夫婦関係が破たんしていた場合、つまり別居していたなどの事実があれば例外的に慰謝料請求ができません。
また、不貞行為をした配偶者が、結婚しているという事実を隠していた場合や、配偶者が愛人に対し脅迫的に関係を持った場合などは、愛人に対しての慰謝料の請求は困難となります。