最終的には法のチカラを借りる事に...

結構相手の浮気を疑い、探偵事務所に依頼し浮気調査をお願いしたところ、結果相手の浮気が判明しました。
証拠をいくつも手に入れることも出来、こちらは何の落ち度もないため、何も恐れずに相手に浮気の証拠突き付けたところ、開き直り言い訳をしてきました。
このような確実な情報を提示してまでその事実を認めず、それは間違いだと言い張り言い訳をする相手の場合は、出る所に出る必要があります。
つまり裁判で決着をつけると言うことです。

 

夫婦間での話し合いに第三者が入り、法的に判断してもらうことにより、本人同士では解決しなかった問題を解決することができます。
しかし今回裁判で決着をつけてもらう結婚相手は、確かな証拠突きつけても言い訳をしてくるような相手であり、裁判はどのように進むかが不安要素になります。

 

裁判に進むための流れとしては、まず最初に弁護士に相談に行きます。そこで朝廷にするか裁判に持ち込むかの判断をしてもらいます。
手続き的なものは弁護士にお任せすれば何も問題はありませんが、その時に今回の探偵事務所に依頼し取ってもらった情報は非常に大切なものになります。
この情報についての書類一式を弁護士のもとに持ち込み、相談をすることになります。
この先慰謝料を支払ってもらい和解に応じるのかなどの相談も弁護士と行います。
こちらは被害者ですので、何も心配せずに堂々とした振る舞いで手続きを行っていけば、円滑に進みます。
とにかく冷静に物事を進めて行くことをお勧めします。