探偵の調査費用は内容によって大きく異なる!

探偵社の利用の際の金額は様々な要因で決定されます。
その要因とは、主に調査目的、時間、調査人数、実費です。

 

例えば某社の料金の内訳を参考にすると、ピンポイントの浮気調査では探偵2名、3時間の調査で50000円、延長料金が30分で6000円、フィルム代、交通費などの実費が5000円。
探偵2名で4時間の調査を実施した場合、税込みで換算して52500円+延長料金12600円=65100円、実費が5000円で70100円となります。
費用は会社によって異なりますが、平均的な調査費用を見てみると素行、尾行調査が3時間で50000〜80000円、5時間で90000円、延長料金は20000〜350000円となっています。
所在調査の費用に関しては難易度によって大きく変動し、難易度が最高ランクとして認定されるのは失踪者が故意に失踪している場合です。故意に失踪している場合は250000〜400000円、初恋の人や恩師を探してほしいというような場合は1週間で200000円程。
盗聴器発見調査は調べる広さで料金設定がされているところが多く、ワンルームマンションで30000〜40000円、一軒家で50000円〜70000円になります。
雇用、採用調査では一件20000〜35000円程度、信用調査は50000〜80000円程度で、番号調査などの特殊調査に関してはホームページ上で料金表を掲載しない探偵社が多いので直接問い合わせると良いでしょう。
件数が基準になっているもの以外、特に浮気調査や所在調査は何日も継続して行われるものなので、総額で幾ら掛かりそうか計算した上で利用するか否か決めた方がいいでしょう。

 

料金表はあくまで目安、実際はカウンセリングでしっかりと話を詰める!という事を忘れないで下さいね。

 

>> カウンセリングも丁寧な探偵ランキング <<